2015年1月16日 (金)

「シャバはつらいよ」 大野更紗

 『病は、人を孤独にします。病の苦痛とは、身体が病理に侵されてゆくことに耐えることでもあり、その苦痛が「結局、誰にも伝わらない」現実と対峙することでもあります。伝わらないとわかっているけれど、わたしは心のどこかで、あきらめきれないのかもしれません。
 崩すことはかなわないとわかりきっている岩盤に杭を打ち続ける、その気持ち。むやみやたらな、情動じみた感情。それらを言葉にすることが、人の受難や病苦を、分解して相対化する力の源泉になると、信じているのかもしれないです。だから、ものを書き続けているのだと思います。』
 本書の「おわりに」の一文、著者はこんな思いを持って書いていること、そしてその気持ちが私には痛いほどよく解ります。私も自己免疫不全の病気に次々と襲われ、入退院を繰り返し、一向に病名が特定できなかったり、誤診でステロイドを長く服用したらり、少しも症状が改善されない時期もありました。
 この本は「困っているひと」の続編として書かれ、退院後のひとり暮らしが書かれています。助けてくれる人も沢山いるけれど、心の奥底では深い孤独感にさいなまることがあったと思います。そしてなかなか症状が改善されないなか、「生きている意味があるのか」とすら考えます。それでも、福祉の研究のために大学院へ進学しました。
 私は幸い、だいぶ体調が良くなって、再発への恐怖も少なくなってきました。再発したらその時はその時と開き直りができるようになったのかもしれません。それでも時々、生きている意味を考えてしまいます。失職したことが大きかったです。一緒に生きがいを失ったしまいました。
 少しでも「目に見えない障がい」へ理解が深まり、難病を抱えながらも明るく生きていかれるような社会になることを願わずにいられません。(2014年ポプラ社)

Photo



 

| | コメント (3)

2014年2月 7日 (金)

「これ1冊できちんとわかるアーユルヴェーダ」 西川眞知子著

 昨年9月、アーユルヴェーダとヨガのリトリートを受けて以来、帰宅してからも同じような生活を続けようと思っていましたが、なかなか難しいものです。
 寒くて早起きはできないし、夜更かしもしちゃう。ヨーガや呼吸法、瞑想も毎日はできずにいます。それでも食事だけは、殆ど肉魚、カフェイン、お酒を摂ってません。その方が身体が楽です。
 それなのに、3週間ほど前から潰瘍性大腸炎の再発。今回は入院せずにすみましたが、原因不明の難病。。。何が悪かったんだか?
 アーユルヴェーダでは、健康と発症までの間、東洋医学でいう未病を4つに分けています。どこかでバランスが崩れて、発症してしまう~。まだまだ、自分の身体の声を聴きとれていないなぁ~と思いました。
 この本は、とても解りやすくアーユルヴェーダを教えてくれます。手元において、バランスを保って生活したいと思います。(2011年マイナビ)http://jnhc.co.jp/

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

「インドの生命科学 アーユルヴェーダ」 上馬場和夫・西川眞知子著

 久しぶりの記事アップです。
 8月下旬から6週間、ハワイへ行っていました。最初の1週間はオワフ島ワイキキの安宿に泊まって観光しましたが、5週間はカウアイ島でアーユルヴェーダとヨガのリトリートでした。
 毎朝5時から呼吸法と冥想をしたり、講義やヨガとスケジュールはびっしり。食事は完全オーガニックで、肉や魚はもちろんカフェイン砂糖アルコールは摂りません。私は、お坊さんになれる!と思えるくらいの修行でした。それもこれも心身ともに健康になりたいからです。
 アーユルヴェーダもヨガも、身体のことだけでなく、心を繋がっていることをとても大切にします。自分の身体の声や心の状態を見つめる、とても良い時間を過ごすことができました。
 これからの生活に活かしていきたいと思っています。(農山漁村文化協会 1996年)

Photo
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月28日 (木)

「いのちの時間」 いのちの大切さをわかちあうために ブライアン・メロニー作

 『いのちには、はじまりとおわりがあって
 その間を”生きている”という。』

 『長くても短くても
 いのちの時間にかわりはない。
 はじまりがあっておわりがあり
 その間には
 ”生きている時間”がみちている。

 いのちとはこういうもの。
 花、人、鳥、魚、動物
 どんな小さな虫にとっても。

 いまも
 地球の上のあちらでもこちらでも
 休みなく
 いのちの時間がめぐっている。』

 細密画のような絵本の詩の書き出しと終わりのところです。
 療養の長引いている私にとって、心に沁みいってきました。

 (藤井あけみ訳 ロバート・イングペン絵  新教出版社1998年)
  Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

「母が重くてたまらない-墓守娘の嘆き」 信田さよ子著

 暮れに読んで、ここにアップするのをためらっていた本ですが、セルフカウンセリングとして書こうと思いました。母娘が仲良しなのを羨ましく思う私は、私の側に母親との確執があります。新聞に紹介されていた時、なんとか問題解決にならないかと思って手にしました。
 私は子を産んだ時「親の有難さがわかるでしょう」とよく言われましたが、そういう気持ちにはなりませんでした。私にとっては、子どもの存在がとても有り難く可愛くて仕方ありませんでした。なのに母はどうして私を可愛がらなかったのだろうと、子どもの成長とともに母の言動は虐待だったと気づいてきました。
 本書に登場する母親は娘を可愛がるのだけれど、それは過保護であったり支配となって娘を縛りつけていくような事例が多く、私の場合とは少し違っています。ですが、著者の言うアダルトチルドレンであるとはずっと思っていました。さらに読み進めるうちに、過去の嫌な経験を次々と思い出してきて、不愉快でたまらなくなっていました。
 昨日はテレビでジブリの「コクリコ坂」を観ました。娘がお母さんに話を聞いてと言うと、母は優しく聞いてくれるし、訊ねたことにも応えてくれます。娘が涙すると抱きしめ頭を撫でてくれます。その愛情に涙するとともに、こんなことは一度として私にはなかったと違う涙でも泣きました。(春秋社2008年)

母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

「ストレス対策で病気を防ぐ、治す本」 村上正人、則岡孝子著

 この5年間いくつもの病気に罹り、夏に入院していた病院の図書室で借りました。ただ病院のベッドではパラパラと活字を追うだけでした。興味深い本だったので、退院してから自宅で読みました。病気になる前に読んだ方が良い本です。ストレスがどれだけ身体を蝕んでいくのかがよくわかります。
 自律訓練法や、筋弛緩法、芸術療法、交流分析などいろいろな治療法があるなかで、私はエコグラムで自分にあった食事法を見つけるというのを初めて知りました。食事はバランスよくすることが基本ですが、それに縛られて、神経質になり過ぎるのも良くないから、楽しく頂きたいものです。
 なんとか自分に合った方法を見つけて、健康を取り戻したいです。(主婦と生活社 2009年)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

「身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本」 水島広子著

 「それは怖い思いをしたのね、信じられないくらい怖い思いだわ。」と、その人は言ってくれました。私が小学生になる前の、とあるエピソードを話した昨日trainのことです。彼女から「恐れ」という言葉が出たあとでした。

 著者が日本に紹介し実践している「アティテューディナル・ヒーリング」では、恐怖や不安、怒りや自責の念という感情にとらわれて「敵」のいる人生を過ごしていく心の姿勢を「恐れ」と呼んでいます。

 これはとても苦しいことで、関わる人から攻撃を受けていると感じることに繋がります。けれど、それは自らが被害者になることを選んでしまっているからで、被害者にならなければ攻撃されないばかりか、周りの人たちから大切にされるheart04というのです。

 被害者にならないようにするのは、自分が「恐れ」の感情を手放すことから始まります。攻撃を受けることが先で、かわしていくとが後からくるように思いますが、後先ではなく感じ方や関係性の問題、そして本当の事実と感情は違うところにあるからだeyeとわかってきました。

 被害者にならない、攻撃を受けないという心の姿勢を自分の責任で選び取っていくと、あたたかい人間関係が築かれ、スーッと肩の力が抜けて楽に生きていかれると実感できました。(大和出版 2012年)

 「怒りがスーッと消える本」を読んでからこの本を読み、それから「恐れを手放す」を読むと、より理解が深まるように思います。単に私の直感ですが・・・毎日、穏やかで優しくありたいと思います。bud身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

「対人関係療法」の精神科医が教える「怒り」がスーッと消える本 水島広子著

 タイトルが長い、巷でよく見かけるハウツー本のようですが、全く違っているから、期待が裏切られませんでした。読んで得した気持ちにさえなります。

 そもそも感情はすべての人が持っていて、そのなかの怒りをなくす魔法はありませんと、この本にも書かれています。
 イライラしたり、ムカッとしたり、時には大声をあげてしまって、落ち込むなんていうのは、きっと誰でも経験することでしょう。怒りは我慢すると、さらなるストレスとなって、別のどこかに歪みが出るものです。だから、我慢する本でもありません。 

 私は、落ち着いて動揺しない人に会うと、大物だなぁ~と感じます。そういう人は自己肯定感が高く安定している人だったり、自分の問題と相手の領域を仕分けて考えられる人だと考えてきました。

 この本にも、同じようなことが書かれていましたが、我慢ではなく、怒らずに穏やかさを自分で選びとっていくという、納得がいくなぁ~♪という仕組みが丁寧に解説してあります。とても読みやすい本で、著者の明るく前向きな広い心のお人柄がしのばれます。

 では、どうするかは、ぜひ読んでみてください。読んで実践あるのみ、不思議と難しいと感じないのです。(大和出版 2011年)

P1050242 水島広子さんのHP http://www.hirokom.org/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

「困ってるひと」 大野 更紗著

 私の持病にぴったりflairの本に出会いました。著者は闘病記ではないと書いているように、子どもの頃のことや、受験、自らの研究内容のことなど、感心しながら興味深く読めます。

 ただ、修士課程に進学したばかりで発症、その後の病院ジプシー、続く検査、訳のわからない病態などには、とても共感しました。専門医に出会い入院hospitalするも、症状を快癒する薬には出会えずwheelchair。。。一般的にはこれを闘病と言うのでしょうが、自身がパニックニ状態になったとか、医者や看護師、ほかの患者のことなどが、客観的book俯瞰的に書かれています。書くことが、セルフカウンセリングになったのかもしれません。

Photo

 私は都合5つの自己免疫疾患を持っていますが、生命の危機に晒されることはありません。皮膚疾患で顔が赤く腫れ上がる以外は、見た目の障害は何もありません。スイート病(Sweet博士が発見)なのですが、この病名を知っている皮膚科と眼科(ぶどう膜炎の合併症がある)以外のドクターや医療関係者に出会ったeyeことがないほど、症例が少な過ぎるようです。

 体格が良くて声の大きい私は、いつでも健康そのものに見られます。起き上がれない程の異常なダルさ辛さ頭痛でも、いったん座ってお喋りしてると、特に電話telephoneでは「元気そうねぇ~♪」crying 

 今朝も数えるだけでノイローゼcoldsweats01になりそうなほど、沢山の種類の薬を飲みました。昨夏以来、5度目の寝たきり引きこもりから、今は脱出しつつあります。頑張れ自分run もう頑張らなくて良いよchick私です。(2011年ポプラ社

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

「病気は才能」 おのころ心平著

 病気はマイナスに捉えがちになるので、「神さまが休みをくださった」とか、なるべく落ち込まないように考えますが、この本はもっとポジティブです。「気づかない才能が身体の症状として表現され、才能を開花させる財産」と書かれています。

 この5年間、いくつかの病気を発症し、これからも付き合っていく私には、うってつけの本でした。長く寝込んでいて外出もできない時には、うつ病になるかもとさえ思いました。それでもなんとか前向きに闘病できたのは、丁寧にカラダの声を聴こうと心がけてきたからかもしれません。

 鼻水は考えがまとまらないという潜在的な心の課題があり、動脈硬化は我慢強い自分が好きという潜在意識があるなど、心と病気をつなげています。その病気になったら、意識を転換させて才能化へと進んでいかれるというのですが、私はまだまだです。

 それと面白かったのが、歴史的偉人の病気が書かれていることです。マザー・テレサは心臓疾患、ニーチェは脳血管障害、織田信長は糖尿病、松尾芭蕉は胆石って? どうしてわかるの?(かんき出版 2011年)

病気は才能

| | コメント (6) | トラックバック (0)