« 「馬語手帖―ウマと話そう」 河田 桟著 | トップページ | 「三陸牡蠣復興支援プロジェクト」 »

2013年5月31日 (金)

「パパのはらっぱママのしま」 落合恵子文・和田誠絵

 落合恵子さん主宰のクレヨンハウスで「子どもの本の学校」が5月18日から始まりました。第1回の落合恵子さんと和田誠さんの対談に出かけて行きました。
 はじめのうちは映画のお話も出て、私は映画の名せりふ集「お楽しみはこれからだ」を愛読していたし、和田さんのほのぼのとした絵が大好きなので、とても楽しい時間を過ごせました。
 対談のあとはサイン会がありました。私は手元にあった絵本の殆どを被災地へお送りしたので、また新しく買い揃えたいと思って、お二人の本を買ってサインを頂いてきました。落合恵子さんの言葉はとても丁寧だなぁ~と感じます。 (クレヨンハウス 1996年)

Img013_3 P5310053_2

|

« 「馬語手帖―ウマと話そう」 河田 桟著 | トップページ | 「三陸牡蠣復興支援プロジェクト」 »

読む」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

先日この記事を見て興味を持ったので読んでみました。
ページをめくりながらなんだかワクワク♡
とても楽しい絵本でした(#^.^#)

投稿: 箱入り嫁 | 2013年6月26日 (水) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/57495007

この記事へのトラックバック一覧です: 「パパのはらっぱママのしま」 落合恵子文・和田誠絵:

« 「馬語手帖―ウマと話そう」 河田 桟著 | トップページ | 「三陸牡蠣復興支援プロジェクト」 »