« 「書聖 王羲之」展 東京国立博物館 | トップページ | 「いのちの時間」 いのちの大切さをわかちあうために ブライアン・メロニー作 »

2013年2月26日 (火)

釜揚げうどん専門店「釜竹」 東京都文京区根津

 うどんのメニューは、「釜揚げうどん」と「ざるうどん」だけです。全国の美味しい日本酒bottleが数多く揃えてあって、肴も美味しく洒落ています。
 東京国立博物館で王羲之展を観たあと、上野でなくて千代田線の根津から電車に乗ろう、その目的は「はん亭」で串揚げを食べることでした。道すがら、すぐ手前で「釜竹」をみつけました。
 ステキな建物で「お料理屋さん?」と看板見たら、有名な「釜竹」でした。あぁ~!ここにあったんだと、一緒だったうどん好きの家族と一緒に、こっちにしよっと。はん亭はもう何回も行っているからね。

P2230004  ざるうどんは麺が光ってました。釜揚げうどんは食べ方がメニューに書いてあって、出汁、ネギ、揚げ玉、七味、生姜の順に薬味を足していくそうです。出汁の香りもお味も、とっても良かったです。

|

« 「書聖 王羲之」展 東京国立博物館 | トップページ | 「いのちの時間」 いのちの大切さをわかちあうために ブライアン・メロニー作 »

美味しい」カテゴリの記事

コメント

釜上げうどん、チェーン店でしか食べたことありません。
生姜を最後にね、そうですよね。初めて知りました。

投稿: しゅうちゃん | 2013年2月27日 (水) 23時42分

しゅうちゃんさん◆しこしこ、きこきこ感は、普通に食べているお饂飩とは別物でした。注文を受けてから切るそうです。

投稿: Lisa | 2013年2月28日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/56848141

この記事へのトラックバック一覧です: 釜揚げうどん専門店「釜竹」 東京都文京区根津:

« 「書聖 王羲之」展 東京国立博物館 | トップページ | 「いのちの時間」 いのちの大切さをわかちあうために ブライアン・メロニー作 »