« 「才輝礼讃 38のyumiyoriな話」 松任谷由実著 | トップページ | 「鎮魂と抗い 3.11後の人びと」    山本宗補フォトルポルタージュ »

2012年11月 8日 (木)

「すごい空の見つけかた」 武田康雄 写真・文

 中表紙に南三陸町志津川の朝日が載っています。被災地に泊まったホテルの露天風呂から私も見た、それはきれいで静かな海から昇る朝日、大きな津波が荒れ狂ったとは思えませんでした。
 綺麗な空の写真集だなぁ~と思ってこの本を手に取ったら、写真を見るだけでなく、その説明も読みごたえがありました。撮影者は気象予報士でもあり、空が赤くなったり、虹がでる、飛行機雲ができるなど、そうなる気象の説明が載っているから、空や雲などへの興味が湧いてきます。風は見えませんが、雲を見れば風の流れがわかります。
 飛行機が飛ぶ上空10㌔から12㌔は、夏の方が空気が冷えているそうです。不思議です。気象の勉強をもっとしてみたいと思いましたし、その前に、日頃からもっと空をよく眺めて見ようと思いました。
 それで、家のベランダから富士山と夕日を写してみました。

Pb080106

 富士山のど真ん中に鉄塔が建っていますが、もう少しでダイアモンド富士が見えそうです。

 そして、今日は知人の写真展へも行ってきました。

写真: 写真展は、3日目。
今日は終日います!(^o^)

 お父様と4人の男だけの兄弟みんなが写真を撮っていて、その展覧会です。素敵でした。

|

« 「才輝礼讃 38のyumiyoriな話」 松任谷由実著 | トップページ | 「鎮魂と抗い 3.11後の人びと」    山本宗補フォトルポルタージュ »

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/56069418

この記事へのトラックバック一覧です: 「すごい空の見つけかた」 武田康雄 写真・文:

« 「才輝礼讃 38のyumiyoriな話」 松任谷由実著 | トップページ | 「鎮魂と抗い 3.11後の人びと」    山本宗補フォトルポルタージュ »