« 「ストレス対策で病気を防ぐ、治す本」 村上正人、則岡孝子著 | トップページ | 「純愛物語 meets YUMING 8月31日夏休み最後の日」 »

2012年10月27日 (土)

「命の終わりを決めるとき」 朔 立木著

 今日から公開の映画「終の信託」の原作がこの本に収められているので読んでみました。著者は現役弁護士で、これまで法曹界を題材とした現場を知らなければ書けないだろうと思われる、硬派な小説を発表しています。
 「終の信託」も延命治療、安楽死という重い課題が突きつけられるのですが、恋愛小説、それも究極のプラトニックラブと言ってもよいお話です。愛情は、決して法では裁けないのだと思います。
 ふと、著者自身も弁護士として、どんなに法で裁いたところで、残されてしまう人の感情があることを何度も経験しているのではないかな?と想像しました。それにしても、医者の心の動きの機微が繊細に描かれています。
 これを映画では、どのように表現されているのか、見るのが楽しみです。
 もう一作「よっくんは今」という、やはり実在の事件を下敷きにした物語が収められていますが、二作ともフィクションであるのは、言うまでもありません。(光文社2005年 光文社文庫2008年)

Photo

|

« 「ストレス対策で病気を防ぐ、治す本」 村上正人、則岡孝子著 | トップページ | 「純愛物語 meets YUMING 8月31日夏休み最後の日」 »

読む」カテゴリの記事

コメント

映画『終の信託』は私も見たいと思っておりました
昨年から何本か見たい映画はありましたが
何となく見過ごした事が置く…down
今回は見逃さない様にガンバりますsign01って…何を頑張るのかsign02(笑)

投稿: エコ次郎 | 2012年10月28日 (日) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/55983787

この記事へのトラックバック一覧です: 「命の終わりを決めるとき」 朔 立木著:

« 「ストレス対策で病気を防ぐ、治す本」 村上正人、則岡孝子著 | トップページ | 「純愛物語 meets YUMING 8月31日夏休み最後の日」 »