« 「対人関係療法」の精神科医が教える「怒り」がスーッと消える本 水島広子著 | トップページ | 「雑巾タオル送ってください」 大分県竹田市 »

2012年7月 9日 (月)

「身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本」 水島広子著

 「それは怖い思いをしたのね、信じられないくらい怖い思いだわ。」と、その人は言ってくれました。私が小学生になる前の、とあるエピソードを話した昨日trainのことです。彼女から「恐れ」という言葉が出たあとでした。

 著者が日本に紹介し実践している「アティテューディナル・ヒーリング」では、恐怖や不安、怒りや自責の念という感情にとらわれて「敵」のいる人生を過ごしていく心の姿勢を「恐れ」と呼んでいます。

 これはとても苦しいことで、関わる人から攻撃を受けていると感じることに繋がります。けれど、それは自らが被害者になることを選んでしまっているからで、被害者にならなければ攻撃されないばかりか、周りの人たちから大切にされるheart04というのです。

 被害者にならないようにするのは、自分が「恐れ」の感情を手放すことから始まります。攻撃を受けることが先で、かわしていくとが後からくるように思いますが、後先ではなく感じ方や関係性の問題、そして本当の事実と感情は違うところにあるからだeyeとわかってきました。

 被害者にならない、攻撃を受けないという心の姿勢を自分の責任で選び取っていくと、あたたかい人間関係が築かれ、スーッと肩の力が抜けて楽に生きていかれると実感できました。(大和出版 2012年)

 「怒りがスーッと消える本」を読んでからこの本を読み、それから「恐れを手放す」を読むと、より理解が深まるように思います。単に私の直感ですが・・・毎日、穏やかで優しくありたいと思います。bud身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本

|

« 「対人関係療法」の精神科医が教える「怒り」がスーッと消える本 水島広子著 | トップページ | 「雑巾タオル送ってください」 大分県竹田市 »

心と体」カテゴリの記事

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/55155420

この記事へのトラックバック一覧です: 「身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本」 水島広子著:

« 「対人関係療法」の精神科医が教える「怒り」がスーッと消える本 水島広子著 | トップページ | 「雑巾タオル送ってください」 大分県竹田市 »