« 南三陸町「語り部さん」 被災地応援ツアーその5 | トップページ | 「困ってるひと」 大野 更紗著 »

2012年3月13日 (火)

宮城県石巻市「雄勝硯伝統産業会館」 被災地応援ツアーその6

 小学生の頃から書道が好きだったの私は、上手になりたくて筆は選んで(笑)いましたが、硯は書く字によって大きさを替えるくらいで、こだわりがなく、今はもう持っていません。最近、習字を再開したので、今度こそは良い硯が欲しいなぁ~と思っていました。

 このツアーで訪ねた最初の被災地は、2005年度から石巻市と合併した雄勝町です。道々ガレキの山を見ながら進み、雄勝湾の近くになると「雄勝硯伝統産業会館」が見えてきます。無惨です。

 Photo

雄勝硯伝統産業会館 http://www.city.ishinomaki.lg.jp/ogatsu/sangyokanko/ogindsutry/suzirikaikan.jsp

Photo_2

2

Photo_3

4 津波が川沿いの家を根こそぎさらって、奥に見える家のあたりまでの上ったのがわかります。

6

バスの中から写したのでブレていますが、全国の皆様!に見て頂きたいです。

|

« 南三陸町「語り部さん」 被災地応援ツアーその5 | トップページ | 「困ってるひと」 大野 更紗著 »

3.11大震災」カテゴリの記事

コメント

実は私、以前は硯コレクターでしたので実用的なものから
観賞用のものまで様々な硯を所有しております。
近年は良質な石材が採れなくなってきていますので
古硯の良品は貴重な品となってきています。

さて被災地の方は1年経った今でも瓦礫の撤去が終わって
いないようですね。私の知人も被災した震災ですが一日も
はやく復興してほしいと祈るばかりです。

投稿: ま~く | 2012年3月13日 (火) 17時15分

写真を見せていただく度に、ガレキの多さに驚きます。やはりこれからは、この処理を急がねばなりませんね。
先日の3県4社合同紙、こちらの47クラブで取り寄せできますので、よければ。
http://www.47club.jp/shop/g/g10037565/?intid=f_project_b

投稿: しゅうちゃん | 2012年3月13日 (火) 22時56分

昨日はコメントありがとうございました・・・mailto

あの震災からもう一年が経過しましたね。
私は当日は東京で生活していましたが、それでもかなりの衝撃を受けました。

復興促進もこれからこれからですね!!
早く皆さんに安堵の生活が届きますように!!

投稿: ロイヤルクイーン泉北料理教室 | 2012年3月17日 (土) 08時30分

Lisaさん、こんにちわ。

津波の怖さを感じるには、少しずつ町々の傷口が風化しつつつありますが(あくまでも個人的な感覚です)、この景観を見て全国の人たちに少しでも防災に対する意識が芽生えるといいですね。

いつ何が起きてもおかしくない、あの日からの地震の多さそんな気にさせられますから。

投稿: もぐら | 2012年3月18日 (日) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/54212613

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県石巻市「雄勝硯伝統産業会館」 被災地応援ツアーその6:

« 南三陸町「語り部さん」 被災地応援ツアーその5 | トップページ | 「困ってるひと」 大野 更紗著 »