« 「なぜかお金がたまらい」が変わるコツ 石原加受子著 | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」  »

2012年1月17日 (火)

「しがみつかない生き方」 香山リカ著

 副題は『「普通の幸せ」を手に入れる10のルール』です。まず恋愛にすべてを捧げないこと、そして競争や仕事、お金、子育てなどしがみつかないようにする10の事例の提案があって、最後の章は「勝間和代を目指さない」です。先日勝間さんの本 http://bullerbyn.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-334f.html を読んだので、対比してみました。どちらの女性も、頭のいい人なんだなぁ~と感じます。これだけの本を書くというだけでも。最初のイメージどおり、香山さんの方が柔らかく感じました。それは、扱っている仕事が違うことからも来るのかもしれませんし、人それぞれなので優劣をつける必要も全くなく、自分の参考になることだけ取り入れればいいと思いました。それにしても、生き方の本や人生訓、心理など、選ぶのに迷うほど沢山の本が出版されていますね。誰もが迷ったり悩んでいるからでしょうか。(幻冬舎新書 2009年)

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

|

« 「なぜかお金がたまらい」が変わるコツ 石原加受子著 | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」  »

心と体」カテゴリの記事

読む」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(^-^)

生き方を書いた本… 避けていましたが、この本読んでみたいと思いました。
ありがとうございます。

投稿: 萌寧 | 2012年1月18日 (水) 06時58分

恥ずかしいくらい本よ読まない私ですが、
「しがみつかない」にちょっと興味が・・・。

投稿: mio | 2012年1月18日 (水) 14時32分

初コメです(。・w・。 )香山リカ…あっsign03知ってるsign03国語のテストで出てきました( ´艸`)プププ

投稿: ゆり | 2012年1月18日 (水) 17時30分

書店にはいろいろな本出てて、どれを読んでいいか迷いますねcatface
ステキな本に出会えた時は、運命だなんて思っちゃいますnotenote

投稿: めぐ | 2012年1月18日 (水) 19時42分

私も、ふうちゃんにしがみつかないようにしなくちゃ。coldsweats01
いろいろな考え方があると思いますが、勉強になります。confident

投稿: まま | 2012年1月18日 (水) 22時22分

こんばんは、毎日寒いですネ。
私は寒さに弱く着膨れで雪だるま状態です。

始めてコメントを書かせていただきました。
ナンと申します、よろしくお願いいたします。
本は大好きです、子供のころ読んだ白鯨に始まり文芸ものから推理小説、伝記もの、時代小説、
童話や 巾広く、浅く、あまり考えもなく手当たり次第にちかいです。

芥川賞、直木賞が発表されましたが、色々問題発言でニュースで騒がれていますけど、欲しくてももらえない方が沢山いますのに本当は喜んでいいと思うのですが。

私は小さな幸せで十分ですけど 子供の笑顔に沢山出会いたいで~す。

投稿: ナンチャン | 2012年1月18日 (水) 22時23分

よく小さい時に母親から言われました。人はそれぞれ皆違う物差しを持っているんだよ、それはメモリの大きさも違うし長さだって違うのだよ、それはその人の物であって決して変わる物ではないし、ましてや変わらせ手は行けない物なんだよ、それぞれの物差しをちゃんと自分で受け入れて対処をしなければならないんだよ、と幼稚園や小学校低学年の時に良く言われました。その当時はものすごい悪ガキでけんか早かったのですがね。今になって思うと、自分の物差しに自信を持って生きて行きなさいという事かなとも思います。

投稿: 植草等雲 | 2012年1月20日 (金) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/53761791

この記事へのトラックバック一覧です: 「しがみつかない生き方」 香山リカ著:

« 「なぜかお金がたまらい」が変わるコツ 石原加受子著 | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」  »