« 「瑞巌寺」 宮城県松島 | トップページ | 「日本人の9割に英語はいらない」 成毛眞著 »

2012年1月 8日 (日)

「まじめの罠」 勝間和代著

 まじめは疲れるし窮屈なので、そういう罠にはまらないことが書かれていると思って手にしました。香山リカさんが「勝間和代を目指さない」と言っていてちょっと敬遠していた勝間和代さんの著作とは知らずに。。。勝間さんは頑張り屋さんで勝ち組、大胆で大真面目な人と思っていましたし、BSジャパンの「デキビジ」もいい番組で、お話も面白いです。 

 彼女は、とても頭が良い合理的な方なんだとわかりました。一週間勉強して100点取るより、2時間で80点取る方が良いからと、まじめの罠にはまらないように勧めています。わかるけど、そうできない人が多いと思うし、やっぱり私はあなたを目指せないです。(光文社新書 2011年)

まじめの罠 (光文社新書)

|

« 「瑞巌寺」 宮城県松島 | トップページ | 「日本人の9割に英語はいらない」 成毛眞著 »

読む」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
まったく同感です。
杓子定規に生きるのは大変だけど、ルールは守っているほうが心地良い そんな私です。
勝間和代さん 計算が苦手なので、尊敬してしまいます。本 読んでみたくなりました。ではでは・・・happy01

投稿: ゼラニウム | 2012年1月 8日 (日) 23時07分

私は可能な限りの時間を準備して、100点を狙いにいくタイプです。

去年の12月10日に家族3人で漢検4級を受験したのですが、準備期間1ヶ月、参考書5冊(3人分)、任天堂DSの漢検ソフトでチャレンジしました。
もちろん100点を狙いにいきました。
結果は満点合格とはいかなかったですが、やりきった満足感はあります。(結果は家族3人とも合格でした。)

勝間さん流でいうと、「まじめの罠」にはまったというのでしょうか?

投稿: りゅうの父さん | 2012年1月 8日 (日) 23時34分

はじめましてchimaoです。
いいね!ありがとうございます。
昨年末から取り憑かれたように掃除してます。次第にやみつきになりかけてます。また寄ります。

投稿: chimao_fuku | 2012年1月 9日 (月) 01時44分

コメントありがとうございます
勝間さんの著作はあまり読んだことがないのですが、「ずるい仕事術」は面白そうなので、AMAZONでポチっとしました。

投稿: toshi kishi | 2012年1月 9日 (月) 08時18分

こんにちは
私もミステリ系に傾いた雑読ですが、
この方の本はなかなか御縁がなさそうです。
こうしてブログに書いていただけると
すこし引っ掛かりができるかも。

投稿: いち | 2012年1月 9日 (月) 11時18分

はじめまして。
ふらっと寄ったのですが
本をたくさん読まれる方のようで
きれいな文章を書かれますね。

香山リカさんがお好きなんですか?
ぼくも香山さんの
物事の見方捉え方が好きです。

勝間さんは合理的すぎる感
勝ち負けに執着する感があって
文章(本)としては
あまり好きではありません。
白黒つけなくていい
ちょうどいい加減の不自由がいいという
香山さんとはずいぶん違う気がします。
(いい悪いはそれぞれですが・・・)

長くなってしまいましたが
他の記事も
是非読ませていただきたいと思いました。


投稿: びりけん | 2012年1月 9日 (月) 11時26分

こんにちは~

ブログにコメントを下さり有り難うございます。

Lisaさんのブログ昨夜読まさせていただきました。
勝馬さんの「まじめの罠」の80点は、確かに合理的で良い方法かもしれませんが、まじめに努力する仕方を否定することは出来ません。
私は、昔の人間なので「努力」という言葉は大好きです。努力によって達成すると喜びも大きくなるし、達成しなくても「やった!」という実感があるのではないかと思います。
でも、本を読んでいないのであまり偉そうなことは言えないのですが…

投稿: part_h | 2012年1月 9日 (月) 12時24分

こんにちは!
いいねありがとです。

勝間さんのようになれればきっと成功するのでしょうが、わたしムリですね^^;
優柔不断、右往左往するのがフツウの人と思う時点で負け組にされるような気がします。
香山さんは職業柄いろいろな人を見てらっしゃるせいか、許容範囲が広いような。
ま~捉え方受け止め方も人それぞれでいいじゃんと思います。

投稿: ひよちゃん | 2012年1月10日 (火) 16時50分

香山さん、勝間さんのどちらも自分自身からは遠いな、
という印象があり・・・

しかしのちにVS的な話が出るとは(^-^;

お二人ともすごいかただな、とは思ってます。
目指そうとは、まるっきり考えませんけど。
百人いれば百通り(プラスなんぼ)のやり方、生き方が
あるし、小気味いいタイトルの本に書かれた意見
というのはなんとなくマルかバツか、百かゼロか
みたいな空気があって、それできん人が大半なんじゃ
・・・と複雑な気持ちになってしまうので。

香山さんの本は読んでみようか、というとこも
ありますが、勝間さんの本はまだ無理そう。
でも、この本はちょっぴり関心もってたので
お話がきけてよかったです。

ありがとう( ^ω^ )

投稿: ゆずりは | 2012年1月17日 (火) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/53689703

この記事へのトラックバック一覧です: 「まじめの罠」 勝間和代著:

« 「瑞巌寺」 宮城県松島 | トップページ | 「日本人の9割に英語はいらない」 成毛眞著 »