« 「90ミニッツ」 | トップページ | 「監督だもの」 三谷幸喜の映画監督日記 »

2011年12月15日 (木)

「ステキな金縛り」 脚本と監督 三谷幸喜

 今年は舞台に映画にと大忙しの三谷幸喜さん。生誕50周年の舞台4本とこの映画、すべて観ました。ありえないお話ですが大笑いhappy02 三谷監督らしい楽しい映画でした。そして、ラストでとっても優しいお話だとわかります。主人公の深津絵里さんの一生懸命さや西田敏行さんの武士っぽい言葉使い、飄々とした裁判官の小林隆さんらの、そして脇を固める役者さんたちの演技が光っていました。

 一緒に行った友人は、西田敏行さんのファンで、宝くじのテレビCMも大好きだそうです。思わず帰りに年末ジャンボを買ってきてしまいました。up

Photo  舞浜のイクスピアリのシネコンで観ました。ツリーが綺麗でした。

|

« 「90ミニッツ」 | トップページ | 「監督だもの」 三谷幸喜の映画監督日記 »

観る聴く」カテゴリの記事

コメント

おもしろそうですね。
西田敏行は、イイ役者ですよね。
三谷幸喜の作品は、コメディなんだかよく分からないけど
なんだか好きですね。

投稿: ウルマン | 2011年12月16日 (金) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/53491695

この記事へのトラックバック一覧です: 「ステキな金縛り」 脚本と監督 三谷幸喜:

« 「90ミニッツ」 | トップページ | 「監督だもの」 三谷幸喜の映画監督日記 »