« 「HUG&READ」 被災地へ絵本を送ろう | トップページ | 読みかけの本 »

2011年11月18日 (金)

「法然と親鸞ゆかりの名宝」  東京国立博物館

 上野の博物館で開かれている特別展を見てきました。9月に空海展を一緒に見た歴女の友人と一緒です。空海の時代よりもずっとあとの鎌倉時代の絵巻物は、絵や書の色も紙も綺麗に残っていて、字も現代のものにとても近いです。

 「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」で有名な悪人正機説、歎異抄など、学生時代にテストに出たのを思い出しました。「南無阿弥陀仏」を唱えれば誰でも極楽浄土へ往生できるとは、わかりやすく親しみやすく、末法の世に広く信仰されたことがわかるような気がします。

Photo_2  美味しいランチを法隆寺館の中にあるレストランで頂いたあとは、本館の裏にある庭園を歩きました。春と秋にだけ公開されているそうです。急に冷え込んできましたが、ちょうど陽がさしてきました。今年は暖かいので紅葉にはちょっと早かったです。

Photo_3

http://www.tnm.jp/

|

« 「HUG&READ」 被災地へ絵本を送ろう | トップページ | 読みかけの本 »

観る聴く」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
これ、行かれたんですね。いいですね。
私は奥方が実家の北海道で行う義母の四十九日法要から戻ってきたら行こうかと思っています。
庭園のほうも回られたんですね。
ちょっと冷え込んできた今日この頃ですが、私もできたらそちらも歩きたいと思っています。

投稿: wanko | 2011年11月19日 (土) 06時33分

改めまして,hamuです。
よろしくお願いいたします。

私も「空海と密教美術展」は,行ったのですが,
「法然と親鸞」は,まだです。
(正直,迷っています。)

とことで,五木寛之氏の「親鸞」は読まれましたか?
恋愛小説のような,冒険小説のような。
とても読みやすく,親鸞の世界へ引き込まれました。

投稿: hamu | 2011年11月19日 (土) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/53277327

この記事へのトラックバック一覧です: 「法然と親鸞ゆかりの名宝」  東京国立博物館:

« 「HUG&READ」 被災地へ絵本を送ろう | トップページ | 読みかけの本 »