« 「がん患者」 鳥越俊太郎著 | トップページ | 「孤独の力」を抱きしめて  落合恵子著 »

2011年10月 2日 (日)

「さみしさサヨナラ会議」 小池龍之介×宮崎哲弥

 お寺の住職と評論家の対談・・・さみしさについて・・・ふたりが延々と哲学的な会話を続けます。読みやすいのですが、内容は難しく深く理解できたとは言えません。ただ、だれしもが孤独を抱えて生きていること、そして、そんな自分を評価しないで淡々と見つめることが大切だなぁ~と思いました。時間をおいてもう一度読んでみたいと思います。

 『重要なのはそこに自己嫌悪とか、あるいはよいことが起きた場合に自分を褒める感情なんかを混ぜないようにすること。ただ認知して情報をフィードバックしておくということがだんだんできるようになると、とても自分の心が御しやすくなるとおもうんです。』p238 (角川書店 2011年)

さみしさサヨナラ会議

|

« 「がん患者」 鳥越俊太郎著 | トップページ | 「孤独の力」を抱きしめて  落合恵子著 »

読む」カテゴリの記事

コメント

深い世界ですね。
「色即是空、空即是色」認知するけど意識をしない、という般若心経の世界につながるのでしょうか(*´v゚*)ゞ。

投稿: キハ58&28 | 2011年10月 2日 (日) 11時29分

さみしい、悲しい、つらいは、
淡々とやり過ごしたらいいのでしょうか。
うれしい、楽しいさえも淡々とやり過ごしたら
悟りが開けるのかも(笑)
深いですね!

投稿: 箱入り嫁 | 2011年10月 2日 (日) 21時24分

こんばんは!
 はじめまして!ポチっとありがとうございます!

さみしさ、孤独はどんな環境に居ても誰もが感じることなのですよね。
心は厄介なものかもね・・・。

又遊びに来ますね^^。

投稿: みい | 2011年10月 3日 (月) 18時38分

はじめまして
ブログタイトルを拝見して、身も心も綺麗なLisaさんを表現していると思いました。
私も本は好きでよく読みますが、気楽に読めて肩の凝らないものが多いですね。Lisaさんって凄いですね。 アウトドアーで活動的と思えば、やかまし村が宝物とか。 作者の経歴を見ると凄く心の温かい方ですね。 こんな心の持ち主ばかり
だと世界も平和で暮らせるのに…
やかまし村の事は良く知りませんでした。 早速、書店で探してみます。 
↓ゆったり温泉に浸かって美味しい食事… いい旅されてますね。 
 私も旅は大好きです。 また寄せて頂きます。

投稿: michi | 2011年10月 3日 (月) 20時33分

Lisaさん、こんにちわ^^

遊びに来て下さりありがとうございます。

テルマサはこの頃本をあまり読まなくなってしまいました。
本をたくさん読んでいると心が充実しますよね。
いいなぁ~Lisaさん。

また遊びに来させてくださいね。

投稿: テルマサ | 2011年10月 4日 (火) 10時36分

以前もお邪魔してました(*^-^)
読書家は尊敬します。
本は大好きですが、文字を見ると睡魔に襲われ
れるsu-sanです。

Lisaさん見習い読書の秋にしたいです。
コメントありがとう。

投稿: su-san | 2011年10月 4日 (火) 22時22分

こんにちは
フイ-ドバックできるのは、女性だけです。
男性は結果オンリ-で喜怒哀楽を表す。
女性の辛抱強さ、男性の軽率な行動、フィ-ドバックすれば、
互いに話し合って行動する必要がありますね。

投稿: アットマン | 2011年10月 5日 (水) 10時41分

「ただ認知して情報をフィードバックしておくということがだんだんできるようになると、とても自分の心が御しやすくなるとおもうんです」
なるほどなあ。とても難しそうですけど。

投稿: こはる | 2011年10月 5日 (水) 21時21分

この度は、読者プレゼントにご応募頂きまして
誠にありがとうございます。

Lisa様が、ご当選されましたので、メールを
送りたいのですが、記載がありませんでした。

お手数ですが、
http://kanade.cocolog-tcom.com/blog/2011/09/post-237d.html
のレポ、コメントへ記載をお願い致します。
お忙しいとは思いますが、宜しくお願い申し上げます。

投稿: chipa | 2011年10月 7日 (金) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/52886667

この記事へのトラックバック一覧です: 「さみしさサヨナラ会議」 小池龍之介×宮崎哲弥:

« 「がん患者」 鳥越俊太郎著 | トップページ | 「孤独の力」を抱きしめて  落合恵子著 »