« 「免疫の意味論」 多田 富雄著 | トップページ | 家族の誕生日 »

2011年3月 6日 (日)

「免疫学の個人授業」 多田富雄・南伸坊著

 多田富雄先生の「免疫学の意味論」は難しかったのですが、読み終えた後ちょうど図書館で見つけました。南伸坊さんが生徒になってノートを書いたものを、月に一回雑誌に連載していたものをまとめたもので、わかりやすいです。

 それでも、私の理解は南伸坊さんに比べたらひどく浅くって、まだまだ難しく感じるところもありました。以前から南さんのイラストが大好きだったので、この本も挿絵を楽しみながら読みました。私が罹った潰瘍性大腸炎、橋本病のことは、いろいろと出てきました。でも、スィート病についての記載はありません。これまでも皮膚科以外でこの病気をご存知のドクターや医療関係の方には出会ったことがありません。やっぱりかなり珍しい病気のようです。これからの研究が待たれます。

免疫学個人授業

|

« 「免疫の意味論」 多田 富雄著 | トップページ | 家族の誕生日 »

読む」カテゴリの記事

コメント

難しいことは、解かりませんが
体調崩してからは
駄目になって落ち込む自分と
それじゃいけないと 励ます自分が
せめぎあってる気がします
自分に負けないよう 前向きにと
誰も 自分と向き合ってるんですよね
励みになります

投稿: ばみ | 2011年3月 6日 (日) 20時17分

この本は図書館になかったけれど
『免疫の意味論』はあったので予約しました。
難しそうだけど読んでみます(^-^)/

投稿: 箱入り嫁 | 2011年3月 6日 (日) 21時20分

ワワワッ!すっかり遅くなってしまいました (^_^;;アセアセ!
はじめまして (゚o゚)(。_。)ペコリ!慕辺未行(ボヘミアン)と申します。
ブログへの訪問&コメント、ありがとうございました。
免疫…、私は毎年この時期酷い花粉症に悩まされていますので、その免疫が欲しい…です m(u_u)m!
今後もブログ仲間として、よろしくお付き合いできるといいですね。

投稿: 慕辺未行 | 2011年3月 8日 (火) 00時50分

こんにちは。
旅行中はたくさんコメントをいただきありがとうございました。
追々、旅行日記アップしていく予定です。

薬剤師という仕事をしながらこの手の本は避けていたのですが、探して読んでみようと思います。

投稿: かな | 2011年3月 8日 (火) 16時26分

ブログへのコメント、ありがとうございました。
つたない文章でも読んでいただいてうれしいです。
Lisaさんは文章だけでなく写真も上手いですね。
私ももう少し写真を勉強します。

投稿: 甘夏 | 2011年3月 9日 (水) 18時35分

こんばんは。。
難病との戦いなんですね。
よくわからないため、無責任なことは言えませんが、
今の現代医療を信じ、明るい兆しがみえるように
なるといいなぁっと思います。
もし辛い時がありましたら、口に出して(ブログ)
ください。
なにもできないとは思いますが、反応することは、
できますので。
治る温泉があれば、いいのに・・。

投稿: たけぞう | 2011年3月 9日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/51046894

この記事へのトラックバック一覧です: 「免疫学の個人授業」 多田富雄・南伸坊著:

« 「免疫の意味論」 多田 富雄著 | トップページ | 家族の誕生日 »