« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の投稿

2010年9月29日 (水)

「カフェ・ベイビークリシュナ」 伊豆高原

 伊豆高原へ断食へ行く前に偶然みつけたブログから、素敵なカフェを見つけました。http://profile.ameba.jp/go-tenjiku/ これは行ってみるしかない! 断食明けの金曜日に出かけてみました。大室山の東側にある自宅兼カフェは、バス通りから奥まっていてわかりにくいかったので電話をしたら、オーナーのきょうさんがわざわざ迎えに来てくださいました。

Photo

 友人のお宅に伺ったような気分にさせてもらえるゆったりしたカフェです。ご自慢の薬膳カレーは、今日の分は終わっていて、チャイとハーブティを頂きました。cafe

 インドのベナレスで暮らしたことのあるきょうさんは、サルナートにいる私の友人http://blogs.yahoo.co.jp/nehaa617のことも知っていらして、まるで旧知の友人のようにおしゃべりさせていただきました。また彼女はやすらぎの里で断食をしたことがきっかけで伊豆高原に暮らすことになったとか・・・。そしてお連れ合いは写真家の松本栄一さん。人と人とのつながりを感じました。

Photo_6

Photo_8 

スパイスや紅茶が買えます。

Photo_9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

「断食」 やすらぎの里

 昨年1月に断食をして以来、この春に体調を崩し、7月には検査入院し、今も服薬を続けています。自然治癒力を高めるには断食が一番と思っている私は、9月19日から25日まで、伊豆高原にある「やすらぎの里」へ行きました。

 断食は修行のように辛いものと誤解されがちですが、ここでは温泉三昧、毎日マッサージや鍼などの治療を受けることができます。ココロもカラダもデトックスできいることが実感できて、すっきりです。

 今回は3日間の断食のあと回復食と普通食を頂きました。お散歩や整体ヨガ、楽健法(足踏みマッサージ)、骨盤筋エクセサイズなどのプログラムもあって、心地よい運動もできました。

 半年から一年に一回は、きれいになりに行きたいところです。

 写真をマイフォトhttp://bullerbyn.cocolog-nifty.com/photos/2010/index.htmlにアップしました。

24

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

「Beautiful Leg Slippers」

 5本指スリッパを買いました。http://www.al-phax.co.jp/ かかとがないので、ふくらはぎが伸びて気持ちいいです。 色もかわいいので、気に入りました。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

「美丘」 石田衣良著

 日本テレビtvのドラマを見ては、毎回泣いていた「美丘」http://www.ntv.co.jp/mioka/の原作を読みました。原作とはずいぶんと違っていたドラマでしたが、梅田みかさんの脚本が良かったのだなぁ~pencilと思います。小説には登場しないドクターの谷原章介さんや、吉高由里子さんの演技で、よりドラマが面白くなっていました。

 治療法がない病気で死と向き合っていくには、自暴自棄になり投げやりになっててしまうことでしょうが、ただただ愛する人がそばにいてくれたら、ひとりだけでも良いから家族とは別の必要としてくれる人がいたら、まったく違ってくるのではないでしょうか。cafe あくまでもお話の世界のことですが、しみじみした気持ちになりました。(2006年 角川書店)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

「悪人」 吉田修一著

 話題の映画になっている原作を読みました。残念ながら映画を観たいという気持ちは失せてしまいました。weep 新聞の映画評には、現代の若者像と書かれていましたが、これが?でしょうか? そして、こういうのを恋愛っていうのでしょうか? 

 お話の構成は素晴らしいし、登場する人物像がひとりひとり深く描かれいるので、ぐいぐいと読み進めましたが、その分、話の展開、とりわけ最後の本来は山場であるはずの、ふたりが出会い逃げる展開が残念でした。ただ現代の社会が抱える闇のようなものを感じることができました。(2009年 朝日文庫)

悪人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

「自分にごほうび」 落合恵子著

 「元気なあなたはすてきです。でもいっつも元気なんて、ウソ。迷ったり、揺れたりするあなただから、好きです。自分と楽しくつきあうためのエッセイ集。」 本の帯には、こんなことが書かれています。人間関係がうまくいかないって・・・それは自分と楽しくつきあえていなかった、自分を好きになれていなかった若い時代だったのかなと気づかせてもらいました。

 敬愛する落合恵子お姉さまは、きちんとイエス・ノーの言える女性としてうつります。フェミニストとしても、かっこいいハンサムな女性としても、憧れの存在です。

 このエッセイ集にも、数え切れない励ましや、自らを肯定する言葉が載っていて、ほっとしたり、もっときちんと異議申し立てをしようと考えたりしました。落合さんが読まれたたくさんの本も紹介されているので、それも読んでみたいなと思いました。(1996年 大和書房)

http://www.crayonhouse.co.jp/home/index.html

自分にごほうび―Don’t worry,be happy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

「ブランド西瓜」 松本市下原地区

Photo

 大好きな西瓜、大きくて甘くそれはそれは美味しい西瓜に出会いました。松本市波田町下原地区は日本屈指の西瓜の産地だそうです。10キログラムもあって抱えるのにやっとでした。季節が終わってしまったのが、寂しい限りです。もっと西瓜食べたい!http://m-suika.net/info/contents/100414-s2.html

 かわって出てきたのが葡萄ですね。マニキアフィンガーは、その名のとおりマニキュアをした指先のようにきれいで、皮ごと食べられるやさしい味です。ひと房に50粒以上がたわわになっています。実りの秋・・・これからは、梨や柿、リンゴapple など実りの秋、楽しみです。

Photo_3

Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

 「プリンにしょう油でウニってホント?」   田中ひろみ著

  プリンにしょう油でウニってホント?

 なんともまぁ愉快な本です。どうしようもない食べ合わせが延々と書いてあります。

 「カルピスをウーロン茶でわるとオレンジジュースになる。評価=やや不満」「麦茶とオレンジジュースでは、色だけリンゴジュースになる。評価=普通」「リンゴジュースと牛乳ならブドウジュースになる。評価=満足」って、いったい? 試してみようとも思わないhappy01 でも面白いhappy01

 食べ物では「プリンにソースでとんかつ」とか「バニラアイスにしょう油でみたらし団子」だそうです。 そうまでして、味を作る意味って??? やっぱり試してみようかしら ・・・cherry  (2009年 PHP)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

「北海道物産展」

Photo

 デパートで北海道物産展が開かれていました。わざわざ出かけて行って買うこともあるほどに、北海道の食べ物は大好きです。今回はお菓子を三つ選んできました。

 定番は帯広六花亭のストロベリーチョコレート、私はホワイトチョコの方が好きです。ホワイトチョコレートは六花亭の板チョコが一番と思います。包装紙も大好きで、捨てられずに本のカバーにしたりして使っています。

 札幌ROYCEのチョコレートは種類が沢山あって選ぶのに迷います。ポテトチップにチョコレートのコーティングはカロリー倍増ですが、食べ始めると止まりません。新しくホワイトチョコが発売されていました。

 さらに、柳月のチョコバームクーヘン「三方六」も大好きです。切り株のイメージだそうです。

 みっつともチョコがコーティングしてあるものばかりでした。それにしても、北海道のお菓子は、なんと美味しいのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

「フレンチトーストのオープンサンド」

Photo_8

 日曜日のブランチsun フレンチトーストに桃のコンポートと生のクリームチーズをのせたオープンサンドを作りました。Photo_3

 コンポートは赤ワイン、レモン、蜂蜜に漬けたあと、火にかけてアルコールをとばしました。

 生クリームチーズは、大好きな「アトリエ・ド・フロマージュ」のものです。http://www.a-fromage.co.jp/index.html 

Photo_6  朝をのんびりゆったりすごす時間は貴重ですね。

ブログネタ: 【賞品付き】朝ごはん、何を食べてる?参加数拍手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ようこそ断捨離へ」 やましたひでこ著

 『人は、なぜ、こんなにも、モノにこだわるのだろう。人は、なぜ、こんなにも、モノにとらわれるのだろう。』(p217) 副題は『モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術』とあります。(2010年 宝島社) やましたひでこさんが綴ったブログをまとめて本にしたもので、今までの指南書にはなかった、片づけの極意が書かれています。http://danshari.at.webry.info/201111/article_1.html

 捨てても捨てても、一向に減らない服や本、そして思い出の品というガラクタたち。整理しよう、きれいに仕舞っておこうと思うから、いつまでも片づかないことがわかりました。どこに仕舞おうかな?と考えたら、即捨てる、これ使ってないとわかったら捨てる、埃を被っていたら拭かずに捨てる、そんなことを繰り返し心がけ、あとはまとめてどんどんと捨てていく、片付けよう、仕舞っておこうと思うから、いつまでもゴタゴタなんだと、よーくわかりました。

 すっきりした暮らしになるまで、ゴミ袋を50も100も捨てたという体験談。私はまだまだです。一気に捨てるのには、かなりのエネルギーが必要なので、毎日少しずつ、そして沢山捨てたいです。これは、心の健康につながるなぁ~と、つくづく思います。

ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

「紅茶のテイスティング」

Photo 久しぶりに紅茶教室へ行ってきました。まずは紅茶の入れ方cafeの基礎、ゴールデンルールを復習してから10種類以上の紅茶を飲み比べました。同じ紅茶なのに産地や種類によって色も香りも味も全く違います。紅茶らしいなと思うのはインドのダージリンやアッサム、ニルギリはくせがなくてさらっとしています。日本の紅茶は和菓子にも合うようなまろやかなお味。中国のキーモンはスモーキーな香りで、ラプサンスーチョンは正露丸のような独特な強い香りと味でした。アフリカのケニアやスリランカのウバ、ティンプラ、ルフナも試しました。それぞれ甘味や渋み、苦味など、個性的です。なかなか手に入らないような珍しい茶葉も含めて、沢山の種類のお茶を楽しく頂きました。

Photo_2 Photo_3

Photo_4

Photo_5 Photo_6

 

いつものことながら、ケーキcakeやサンドイッチもとても美味しく、ぺろっと頂きました。来月の「トラディショナルアフタヌーンティ」も楽しみです。http://blog.flat.ciao.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

「疚しき沈黙」 倉本 聰著

 雑誌「財界」に連載しているエッセイをまとめた単行本「富良野風話」も5冊目になりました。倉本さんの富良野での暮らしや日ごろ考えていることがわかり、すべて読んできました。とりわけ現代の風潮に対する異議申し立てや、問題提起が増えてきたように思います。齢75歳になっても社会の有り様に腹を立てているところが、若々しいです。

疚しき沈黙―富良野風話〈5〉 歸國

 「疚しき沈黙」とは、「歸國 」の脚本にも使われている言葉です。戦争を経験し戦後を生きてきた人々のなかには、どうやら沈黙があり、疚しさを秘めているようです。

 『疚しき沈黙。重すぎる言葉である。』(p259 2009年 理論社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

「ラタトゥユ」

Photo_4  新鮮な夏野菜を沢山手に入れたので、トマトソースと赤ワインで煮込みました。紫色のオクラが珍しいですが、火を通すと赤が消えて緑のものとの違いがわからなくなりました。

 たまねぎ、カブ、キャベツ、エリンギなども一緒に煮込みました。トマトソースは市販のものですが、とても美味しかったです。

 ラタトゥユは南欧料理ですが、食卓は、かぼちゃ煮、牛すね肉の生姜煮、糠漬けと和洋折衷、うちご飯の良いところです。

Photo_6

Photo_7  

 さらに、紫蘇ジュースをつくったり、とうもろこしを蒸したり、ご飯に炊き込んで、過ぎ行く夏の味を楽しみました。

Photo_8

Photo_9

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

「こどう」 沢屋直営レストラン

 沢屋の軽井沢バイパス店となりにオープンしたレストランで、ランチを頂きましたrestaurant サラダのドレッシングがジャムかな?って思ったらフルーツソースでした。 甘みとすっぱさがちょうどよく、さっぱりとしてとってもフレッシュ、野菜の美味しさを引き立てます。

 今日のスープはガスパチョ、こちらはトマトの酸味が効いている濃厚なお味で、氷の上のグラスで冷えていて、すっきりしました。

2_3 

Photo_2

Photo

 テイクアウトした特製プリンは瓶入りで、こちらもとっても美味しく頂きました。

http://www.sawaya-jam.com/CoDow.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

「沢屋」のジャム

Photo  大好きな沢屋さんのジャムは、軽井沢まで行くか取り寄せでないと買えないと思っていたら、最近は東京にも出ているお店がありました。渋谷の西武A館の地下で見つけて、旬の白桃を買ってきました。  どうしてこんなにもほかのジャムと違う美味しさなのでしょうか?もともとは八百屋さんだったから、今も旬の良い素材を仕入れているそうです。

http://www.sawaya-jam.com/

 軽井沢バイパスから浅間サンラインを上田方面にドライブrvcarすると、美味しいお店がいっぱい。

 沢屋さんのはす向いの「浅野屋」さんではパンを買いたいし、

http://www.b-asanoya.com/ 

 東部町のアトリエ・ド・フロマージュ 

http://www.a-fromage.co.jp/about/about.html のチーズも絶品。

 わざわざ買いに行こうと思うほどの美味しさですが、今では六本木とか南青山にお店がオープンして、手軽に手に入るようになり、車に積んで帰ってくるのは、直売所の野菜や果物appleが多くなりました。 そろそろ葡萄の季節、楽しみです。

http://bullerbyn.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-9ca8.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »