« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の投稿

2009年10月29日 (木)

「白旗の少女」 比嘉富子著

テレビ東京開局45周年記念ドラマhttp://www.tv-tokyo.co.jp/shirahata/を見て、原作を読みたくなりました。昭和20年沖縄に米軍が上陸したときに、若干6歳の少女がひとりで逃げ惑い地獄絵図を見た、ドラマというよりドキュメンタリーです。歴史の記録としては知っている沖縄戦ですが、亡くなった20万人以上の人の名前が記されている摩文仁の丘の碑を見た時に感じたのと同じような衝撃を受けました。

 戦争体験は辛かったからと語りたがらない方が沢山いて、富子さんも同様に思っていたのに、私が記録しなければと考えなおされて、この本を著したのは重たい体験をなぞることであり、本当に大変だったと感じます。少しでもその重さを私も感じ、また多くの方にこの本が読まれ続けられるようにと願います。bookpencil (1989年講談社、2000年講談社青い鳥文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

「そば七」 長野県小諸市

 信州が好きで温泉が好きな私は、必然的にお蕎麦も好きになります。知人から美味しいと教えてもらった小諸の北国街道沿いの「そば七」へ行ってきました。http://www.dia.janis.or.jp/~soba-7/ 江戸時代の本陣だったお店のたたずまいからして、落ち着いた良い雰囲気があります。チラシにはいきなり『おわび 当店は「そば通」をうならせる店ではございません。そば好きに喜んでいただける店を目指しております。ごめんなさい。』って、いったい?Photo

 いえいえ、蕎麦はしっかり角がたちコシがあって、とっても満足感がありました。

 店主ご夫妻は、昨年暮れにNHKのテレビ番組「60歳のラブレター」に出演されました。かつては工場経営をされていて、借金などとても苦労をされ、それの感謝をご主人が妻へ向けたラブレターを書いたものがオンエアされたのです。番組では、今は工場をたたみ蕎麦店を経営している紹介はなかったのですが、息子さんも加わってお店は盛況でした。これからもまた食べに行きたいと思います。

小諸市本町3-1-2 ℡0267-22-7688

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」    香山リカ著

091003  私は普通に星占いsagittariusとか血液型とか、動物占いleo(古?)とか、「当ってる!」と思ってしまう方です。それに、星占いで「今日は些細なミスに注意」なんて書いてあると、誰にでもいつでもあてはまることでも、読んでちょっと謙虚になれれば、それはそれで良いと思っています。bud

 ただ、この本を読んで、あまりにもスピリチュアルにハマってる若者が多いと知って、驚きましたwobbly。確かに「なぜ生きているのか」という問いや「自分はかけがえのない存在だ」と確信したい気持ちはわかりますが、それがテレビtv番組の「オーラの泉」や前世のカルマとかと直結してしまうことには、違和感を覚えます。この本を読んで、ますますそう感じましたが、厳格な宗教をもたない日本で、混沌とした現代を生きていくのに、頼るものが必要なのかもしれません。

 スピリチュアルブームについては、あまりよく理解できませんでしたし、この本で著者の伝えたかったことが読みきれませんでしたが、私はどうやら香山さんと同じようにハマらない人のようです。(2006年幻冬舎新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »