« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の投稿

2009年9月28日 (月)

「官僚たちの夏」 城山三郎著

 TBSテレビ日曜劇場http://www.tbs.co.jp/kanryou09/でオンエアされていたドラマの原作を読んでみました。ドラマとはずいぶん違っていますが、1960年代、日本の高度経済成長を支えてきた通産省の官僚たちの熱意sunが伝わってくる、まるでノンフィクションのような小説です。

 確かにこうした人々の努力---官僚だけでなく民間の人も含めた粉骨砕身の働きがあったからこそ、日本は豊かになってきたと思います。ところが折りしも民主党が「脱官僚」を謳って選挙に圧勝、これまでの官僚主導から政治主導recycleに向けていくという時です。

 本書も、はじめは熱血な官僚たちが時代を動かしていくのですが、最後には官僚が提案する産業振興法に政治家や財界の賛同を得られず廃案となる話で終わります。pen今の時代を暗示していたのでしょうか?そもそも、この小説に女性官僚は登場せず、TBSのドラマでは吹石一恵が男性と一緒に働く女性として登場しています。そうでなければ受け入れられない時代に変わっているのでしょう。いずれにしても一票を投じているひとりとして、今後の政治を見ていかなくてと思います。chair(1975年新潮社・1980年新潮文庫)Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

「今日よりよい明日はない」 玉村豊男著

 タイトルの言葉は、著者の玉村さんがポルトガルのホテルで若いバーテンダーから聞いた言葉だそうです。なるほど、含蓄がある言葉ですね。ポルトガル人には、こんな人生観があるようです。私もいいなぁ・・・と思いました。今日の一日を大切にする、そんな感じかな?

 どうしても不満をもったり、明日に不安があったり、落ち込んでみたり、いろいろあるけど、考えてみたら、今日もまぁまぁ良い日でした。そして大きな志も大切だけど、その日その日にできることを大切にしていく、普通の暮らしを楽しむのは、もっと大切に思います。たぶん人生の大抵のことはどうでも良いことで、大事なことは、とてもささやかだけれど息をしてることみたいな、美味しい空気と食事があれば充分なのかもしれないと、このところ考えていたので、とてもタイミングよく読めました。Photo

 「田舎暮らしができる人できない人」http://bullerbyn.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-141f.html に続き集英社新書から発刊されました。(2009年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

「1Q84」 村上春樹著

090924_0756001_4   ベストセラーを読んでみました。mmm・・・ 文章は読みやすいのですが、内容は難解?・・・私なりの理解で構わないと思って、どんどん読み進めました。著者は、「アンダーグランド」を書いてから、作風が変わってきているのではないかと考えます。現代的な社会問題を小説化して、「何か」を伝えようとしているように思います。その「何か?」は、9月17日の毎日新聞文化面にかなり大きく載っていた書評と作者へのインタビューに、納得できました。1984年と1Q84年、あちら側の世界とこちら側の二重の世界、前掲の芝居「夏の穴」にも通じるものを感じました。来年夏に第三部の出版を目指し、現在BOOK3の執筆中とのことです。( 2009年新潮社)http://www.shinchosha.co.jp/murakami/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

「夏の穴」 Orega Challenge Vol.4

 西村雅彦さん主演の舞台を観てきました。http://www.vip-times.co.jp/advance-info/stage-info/94-oregachallenge-vol4.htmlチラシのとおり「ハートフルheart01ヒューマン」な舞台でした。相手役の高橋ひとみさんの美しさと優しさかわいらしさ、素敵なご夫婦を演じてらっしゃいました。

 はじめのうちは、お話の流れがよくわからないのですが、夫を思う、妻を思う、子を思う気持ち、そして子が両親を思う気持ちが伝わってきて、笑いながらも心があったかくなるお話でした。そして、ちょっと日常を離れていながら、普通の暮らしの大切なことを感じました。 劇場や舞台の作りにも雰囲気があって、お芝居っていいなぁ~と楽しませて頂きました。

090918

友人と楽屋お伺い・・・お疲れのところありがとうwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

「ドルフィンスイミング」 三宅島から御蔵島へ

 9月5日(土)は私の誕生日だったので、イルカと一緒に泳ぐツアーを予約して金曜日の夜、竹芝桟橋からカトレア丸に乗って三宅島に朝5時に到着しました。午前中は堤防の内側でシュノーケルの練習をして、午後から島民200人、イルカ200頭という御蔵島まで、宿の漁船で行きました。090906_ この日は台風が発生して3日目くらいで、波が高い日でした。御蔵島に近づくと、イルカのヒレが見えてたくさん泳いでいるのがわかります。さぁ海に入りましょう~と言う時になって、うぅうっ・・・船酔いで、頭がガンガン、ゲボッと海を汚し・・・

 ツアーのメンバーは、もう何回も海に入っています。さぁ私も!と思ったら、「もう帰りますよ」 「えっ!2-30分横になっていたから、一回だけ入らせて!」と、海に浮かびました。ゆっさゆっさ揺れている船上より、ひとりでぽっかり浮いている方が気分が楽になりました。イルカも魚も見えませんが、海水がきれいで深い藍色、伸ばした手の指に太陽の光が当たってキラキラしています。

 「もうあがってきてくださぁーい」と呼ばれて、私はイルカ・ノン・ウォッチングでした。連れには、「すぐ傍にイルカがいたのに、反対向いて泳いでた」と言われました。他の人たちは、泳いでいる真下をイルカが通ったとか、鳴き声を聞いたとか言っているのに・・・・いったい私って何のためにこんなとこまで.....(悲).....「まぁ、船の上からはイルカ見たし・・・ヒレだけだけど、数はたくさんだったし」と初めての体験に納得しました。

 ところが帰りの船が向かい風向かい波で、私は船底で横になっていたのに、さらに吐き気・・・「ビニールぶくろ・・」と散々でした。「三宅島、誕生日、気持ち悪ぅ-い」 デッキは大波を受けて、カメラ一台がご臨終を迎えました。というわけで、写真は御蔵島に向かう船からの三宅島です。今度は是非とも海が凪いでいるときに行きたいものです。それにしても、沖縄とか外国へ行かずとも、こんなに近くでイルカが見られるとは知りませんでした。http://miyakejima.blog55.fc2.com/blog-entry-762.html 

 友人は1年間オーストラリアで生活して、ドルフィンスイミングを満喫して、帰国しました。http://blogs.yahoo.co.jp/nehaa617/47915578.html  こちらの方は、とっても穏やかそうで、羨ましい限りです。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »