« 「裁判官 お眠り私の魂」 朔 立木著 | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」 羽田澄子演出 »

2009年7月12日 (日)

「サイモン&ガーファンクル」 来日公演

 昨夜は、16年ぶり3回目の来日公演を聴きに東京ドームへ行き、素敵なハーモニーを満喫してきました。27年前の初来日公演にも行ったという、親友と一緒だったので、青春も満喫できました。http://www.barks.jp/news/?id=1000048438

Photo

 タイトルを知らない歌もありましたが、どこかで聴いたことがある曲ばかりです。サイモンもガーファンクルも、それぞれがソロの曲も披露してくれて、ふたりとものが声が素晴らしいので、ハーモニーは1+1=2ではなく、10倍にも20倍にもなり、彼らの偉大さを感じます。crown

 ふたりは点にしか見えない遠くで、大画面さえ双眼鏡でも観てましたが、座席から乗り出して聴いたり、身体が蕩けるようにリラックスしたり、大満足の2時間でした。heart02親友は、「私たち今、脳のα波がいっぱい出てるわよ」と言っていました。帰宅した昨晩も今日も、CDを聴いたり、鼻歌で「明日に架ける橋」とかを口ずさんでいます。

|

« 「裁判官 お眠り私の魂」 朔 立木著 | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」 羽田澄子演出 »

観る聴く」カテゴリの記事

コメント

いい時間を過ごしましたね。
読んでいるだけで、ワクワクする時間が伝わってきました。
そんな時間を持っことがどんどん少なくなっている今日この頃に反省!

投稿: とし子 | 2009年7月14日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/45610389

この記事へのトラックバック一覧です: 「サイモン&ガーファンクル」 来日公演:

« 「裁判官 お眠り私の魂」 朔 立木著 | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」 羽田澄子演出 »