« 「新潟県観光協会」モニターツアー | トップページ | 「直江兼続公伝世館」 南魚沼市坂戸 »

2009年4月 5日 (日)

曹洞宗「雲洞庵」 新潟県南魚沼市

Fscn2324_3 

「天地人モニターツアー」一番め

 幼い与六と(後の直江兼続)と喜平次(後の上杉景勝)が、住職の北高全祝のもとで修行した禅寺を尋ねました。南魚沼市の天地人推進室の方が、とても丁寧な説明と案内をしてくださいました。

 赤門から本堂への参道の石畳の下には、法華経が一字ずつ記された石が敷き詰められています。
 ここを踏みしめてお参りすると罪業消滅、万福多幸のご利益に預かれるという伝承があって、「雲洞庵の土踏んだか」という言葉が生まれたそうです。この写真が賛同です。Photo_5
  
  
 庭には雪の中に水芭蕉が咲き始め、春の訪れを感じました。
 「わしゃ、こんなとこ来とうなかった」のきめセリフの与六も、花を愛でて楽しんでいたでしょうか?

|

« 「新潟県観光協会」モニターツアー | トップページ | 「直江兼続公伝世館」 南魚沼市坂戸 »

旅する・泊まる」カテゴリの記事

コメント

思い出しますね。
一番、いい時に行くことができて、ラッキーでした。雪があってこそ、あの厳しさを感じることができました。旅の中で一番心に残った場所です。


投稿: | 2009年4月25日 (土) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/44579466

この記事へのトラックバック一覧です: 曹洞宗「雲洞庵」 新潟県南魚沼市:

« 「新潟県観光協会」モニターツアー | トップページ | 「直江兼続公伝世館」 南魚沼市坂戸 »