« 「おやつ教室」 はにわ屋 | トップページ | 「からだにいい飲泉湯治の旅」 野口冬人著 »

2009年2月18日 (水)

「おじいちゃん」 マーク・ジュリー/ダン・ジュリー

おじいちゃん

 ここで私が言葉を使うのをためらってしまう、深い感動の写真集を読みました。ただ感想を共有したいので、あえて説明します。手にとられた方は、コメントくださいね。mailto

 原題「Granp」のフランク・トゥゲンド氏は1974年、子や孫、ひ孫などの家族に看取られ81歳で亡くなりました。病気でおかしな行動をするようになっても、彼の意思と家族の希望で在宅ケアを選んだ3年間の記録です。

 ふたりの孫が写真を撮りmovie 家族のメッセージを録音し、文章を書いています。人は、こんなふうに最期を迎えることができるし、本人も家族も尊厳を保って生きていくことができると教えてもらいました。表紙の写真の左側は、おじいちゃんに抱かれている孫のダン、右は20歳になったダンがおじいちゃんを抱きかかえています。翻訳は芥川賞作家の重兼芳子氏の娘、重兼裕子氏です。春秋社 (1990年)  改装新版 (1999年)

|

« 「おやつ教室」 はにわ屋 | トップページ | 「からだにいい飲泉湯治の旅」 野口冬人著 »

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/44102834

この記事へのトラックバック一覧です: 「おじいちゃん」 マーク・ジュリー/ダン・ジュリー:

« 「おやつ教室」 はにわ屋 | トップページ | 「からだにいい飲泉湯治の旅」 野口冬人著 »