« 「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著 | トップページ | 「がん残日録」 筑紫哲也 »

2009年1月24日 (土)

「金目鯛の干物」 山幸ひもの店

Fscn1622  幅25cm長さ35cm 1980円の金目鯛の干物、大きすぎてオーブンで焼きました。Dscn1618 250℃で20分、時間がかかりました。Dscn1624とても一人では食べ切れません。半分で充分の身の厚さと濃縮された味、とりわけカマ のお肉が美味しくって、頭はあとからお吸い物にしようと思います。

Dscn1625 伊豆高原駅からさくら並木の道を上ること20分ほど、こだわりの干物店「山幸」さんがあります。http://www.yamakou-himono.jp/  目当ては伊豆に水揚げされる旬の地金目鯛。

 せっかくの無添加の干物なので、ご飯を玄米、おかずは菜の花のおひたし、さつま芋のりんご煮とマクロビオテック食にしました。Fscn1592

 定番のあじの干物も、ほかとはかなり違います。あぁ満腹、とっても美味しかった。ご馳走さまです。

|

« 「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著 | トップページ | 「がん残日録」 筑紫哲也 »

美味しい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/43842720

この記事へのトラックバック一覧です: 「金目鯛の干物」 山幸ひもの店:

« 「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著 | トップページ | 「がん残日録」 筑紫哲也 »