« 「指揮官たちの特攻」 城山三郎著 | トップページ | 「金目鯛の干物」 山幸ひもの店 »

2009年1月13日 (火)

「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著

 明治維新の時代に活躍した「小松帯刀」という薩摩藩士がいたのを、昨年のNHK大河ドラマ「篤姫」で初めて知りました。ドラマのなかでふたりは幼馴染の、とても仲良しです。演じた瑛太と宮崎あおいの息もぴったりで、とても好感がもてました。ところが篤姫と帯刀の接点は、どうやら無さそうです。drama

 坂本龍馬、西郷隆盛、大久保利通などは、歴史の教科書に載っていたのに、働きの大きかった小松帯刀ほとんど知られていません。それが歴史学者で「篤姫」の時代考証も担当した著者が残念に思い本書を著したそうです。book

 諸大名が口をつぐんでいるなか、帯刀だけは将軍慶喜に政権奉還を進言したことによって、江戸城の無血開城も実現したという、争いを避けて人をまとめる力に卓越していたように思いました。わずか35歳で病死しなければ、明治政府も変わっていたのかもしれません。fuji (2008年 グラフ社)

 

|

« 「指揮官たちの特攻」 城山三郎著 | トップページ | 「金目鯛の干物」 山幸ひもの店 »

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/43730951

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著:

« 「指揮官たちの特攻」 城山三郎著 | トップページ | 「金目鯛の干物」 山幸ひもの店 »