« 「西の魔女が死んだ」 バリアフリー上映会 | トップページ | 「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著 »

2009年1月12日 (月)

「指揮官たちの特攻」 城山三郎著

 「自爆テロ」と聞くと、遠く中東の狂気の出来事のように考えがちですが、64~65年前の日本にも「特攻」という自爆があったのだと思います。帰りの燃料を積まずに飛び立つ「神風特攻隊」airplane

 せめてサイパンが陥落した時、東京大空襲があったとき、米軍が沖縄に上陸したとき、戦争を止めることができたら・・・原爆が投下されることはなかったのではないでしょうか。 山本五十六をはじめこの戦争は負けると考えていた軍人らもいたのに、300万人を超える膨大な犠牲者のひとりひとりには、それぞれの生活があって家族がいて、人生も夢もあり、とりわけ特攻隊員は若者が多かったので、ひどく悲しい気持ちになります。(2004年 新潮文庫)

 城山三郎氏の没後に見つかった回想録が、tvドラマ「そうか、もう君はいないのか」として今夜9時からTBSでオンエアされる。http://www.tbs.co.jp/mou-kimiwa/index-j.html

|

« 「西の魔女が死んだ」 バリアフリー上映会 | トップページ | 「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著 »

読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/43715070

この記事へのトラックバック一覧です: 「指揮官たちの特攻」 城山三郎著:

« 「西の魔女が死んだ」 バリアフリー上映会 | トップページ | 「龍馬を超えた男 小松帯刀」 原口 泉著 »