« 「菊次郎とさき」 ビートたけし著  | トップページ | 「こんな女房に誰がした?」 綾小路きみまろ著 »

2008年10月14日 (火)

生栗菓子「朱雀」 小布施堂作

 9月中旬から、ひと月だけの季節限定の栗スイーツcakehttp://obusedo.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-7c7c.html
 信州小布施のお店まで行かなければ食べられない、超希少価値の和菓子。http://www.obusedo.com/

 見た目はケーキのモンブランの上だけが山盛りですが、中の栗餡がしっとりと甘く、100個位の栗をまるごと食べているような美味しさ。ひとりではとっても食べきれない大きさなので、「ふたりでひとつの注文でも良いですか?」と頼むと、お店の人はにっこり「どうぞ」と、接客もベストなので最高に幸せな気分になります。081011 

抹茶とセットで1050円

081011_2

割るのがもったいない・・・

|

« 「菊次郎とさき」 ビートたけし著  | トップページ | 「こんな女房に誰がした?」 綾小路きみまろ著 »

美味しい」カテゴリの記事

コメント

すごいデザートですねcatfaceheart01お腹も心も(*´∀`*)幸せいっぱいになりそうですねんsign02catface

投稿: 寿子 | 2008年10月14日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/42787082

この記事へのトラックバック一覧です: 生栗菓子「朱雀」 小布施堂作:

« 「菊次郎とさき」 ビートたけし著  | トップページ | 「こんな女房に誰がした?」 綾小路きみまろ著 »