« 「冷えとり」健康法  進藤義博著 | トップページ | 生栗菓子「朱雀」 小布施堂作 »

2008年10月10日 (金)

「菊次郎とさき」 ビートたけし著 

 たけしの生家は私の住まいに近いので、菊次郎がよく呑みに行っていた今はない「しなの屋」を知っている人が多い。知人のお父さんは一緒に呑んでいたそうだ。

 新潮文庫のおまけを貰おうと思って買って読んだこの本は、「さき物語」とも言っていいだろう。たけしが、どれだけ母さきに頭が上がらなかったよくわかる。偉大だ。テレビドラマでは室井滋が好演していた。菊次郎役の陣内孝則も表現豊かな役者で見ていて楽しかった。兄の北野大氏を駅で見かけたことがある。弟の七光りと言っているとおり、遠慮深そうに背中を丸めて電車から降りてきた。

|

« 「冷えとり」健康法  進藤義博著 | トップページ | 生栗菓子「朱雀」 小布施堂作 »

読む」カテゴリの記事

コメント

こんにちはshinetulipshine
素敵なブログじゃないですかぁheart01さすがですcatface

これから、ちょくちょくブログを拝見させて頂きますshine

投稿: 寿子 | 2008年10月10日 (金) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525274/42741676

この記事へのトラックバック一覧です: 「菊次郎とさき」 ビートたけし著 :

« 「冷えとり」健康法  進藤義博著 | トップページ | 生栗菓子「朱雀」 小布施堂作 »